高橋マンション管理士事務所

業務内容

当事務所の主なサービス


マンションの大規模修繕工事の革命的提案


従来のマンション大規模修繕工事は、責任施工方式といって、修繕設計から施工監理、工事施工に至るまですべて施工業者にお任せする方式と、 設計監理方式といって、修繕設計、施工業者の選定作業、施工監理を設計事務所が行い、施工業者が工事施工を行うというのが一般的でした。
ここで新しい方式の提案というのは、修繕設計と施工監理は設計事務所に、工事施工は施工業者が行うという点は従来方式と変わりはありませんが、 違いは下記の2点にあります。

  1. 大規模修繕工事の計画段階から終結までのマネジメントを発注者である管理組合から委任を受けたリノベーション・マネジャー(RMr)係わります。 従って、設計事務所は本来の仕事である修繕設計と施工管理に専念して頂きます。
  2. 施工業者の見積金額が確定した後にも、工事の資材、人件費、その他の経費、利益、下請業者との下請け金額、多重下請けのチェック、 工事箇所及び実際に使用した資材の数量等のほぼすべてを開示させ、その集計金額が見積金額を下回った場合は、 一部を施工業者の努力に対するインセンテブとして分配し、残額を発注者に返還します。

以上の方式を価格開示方式と言います。
これによって、高い品質を確保すると共に、工事金額の抑制を図ります。
当事務所はリノベーション・マネジャーの資格を持って、マンションの大規模修繕工事に取り組んでいます。

ページのトップへ戻る